「とりあえず応募」ができるシンママが就職を決める

「とりあえず応募」が出来なくなるシンママは多い

シンママサークルに子供を連れて行くと、就労についてのアドバイスを相変わらず求められるサツキです。もうだいぶ働き始めて時間も経つので、若いお母さんから見るとお姉さんに見えるのかも。(あくまでお姉さん、おばさんじゃないことを祈りたい笑)

 

そんなシンママ就労希望者の話を聞いていると、とにかく応募もしていない人が多いんですね。もちろん子供を連れているので、慎重にならざるを得ないのは分かるのですが・・。

 

それでも私は、「とりあえず応募」を推奨する派です。人によっては慎重に吟味した職場にだけ応募しようという人もいるのですが。それはキレイゴトに過ぎないという話です。

 

いきなり料理が上手になる人なんていないよね

 

「仕事を探しているんですが、どうしようか迷ってるんですー」というママさんの中には、1度も応募したことが無い人がいるんですね。

 

20代ママさんに多いのですが、じぶんにマッチする仕事が出てきたら応募しようと決めている方。悪い姿勢では無いのですが、ただでさえ子連れで就職できるか分からないのに運よく仕事が見つかっても採用される保証はありません

 

例えるなら、初めて扱う食材を使っていきなり上手に料理できる人なんていないですよね。美味しく食べられるようなレベルにするには、何度も調理を重ねる経験が必要です。

 

これが就活にも言えることで、「とりあえず応募」を続けることでじぶんが主張したいポイントが見えてくる他、慣れない履歴書の書き方を学んだり、面接に繋がる書類が作成できるか見えてきます。

 

ふいに現れた希望求人に対して、咄嗟に対応できる人なんてごく僅かです。少しでも気になる仕事があれば「とりあえず応募」してみる習慣が、今後のシンママ生活を作ると言ってもおかしくはないですよ!

 

よく言われがちな「よく吟味して応募しなさい」は就活慣れした人向けの助言

 

こういうと「とりあえず応募なんて無責任だ」という考えを持つお母さんも出てきます。もちろん、「とりあえず応募」については誰でも真似をしていてはダメでしょう

 

仮に10社20社と応募している人なら、その段階で仕事が決まらないなら「とりあえず応募」を続けてる場合ではないですからね。履歴書の見直しや、面接での振る舞いについて見直す方が先。

 

私が訴えているのは、2~3社応募して採用に至らなかったママさんたちは行動すべきという話です。ほんの少し就活しただけでは、何が良いのか悪いのかも分からないまま失敗体験だけが残るんですよ

 

そこで「じぶんはダメだった」と落ち込んでしまっては時間のムダ。1社も受けていないなら尚更、何もしていないのに考えても時間のムダなんです。

 

少しでも早く働き始め、職場に馴染むためにも応募は訓練の一環と捉えること。巡り巡って仕事を決める際に、あの時に動いておいて良かったと言える予行演習にもなりますから。

 

「子供を守れるのはお母さんである私だけだ」と、母親としての自覚を持ってテキパキ進まれることをオススメします。きつめに書きましたが、子育てには想像以上にお金も必要です。

 

けっきょくオバちゃんみたいな説教臭さが出てしまう話でしたが、シンママの先輩としてアドバイスさせて頂きました。

 

うー・・夫からの養育費が少ない(涙)

 

シングルマザー向けの転職ナビとして、転職サイトをレビューしてみました。私が実際に利用したところや、シンママ仲間が使っていたサイトなどをまとめています。


これから働きに出るママさんたちのお役に立てれば幸いです。少しでも皆様の希望に合うお仕事に巡り合えるよう応援しております。


はたらこねっと

私情で申し訳ないですが、何と言っても私が今の仕事に就く事が出来たのはやっぱり「はたらこねっと」さん無しには語れません。


もちろん、私自身が今の仕事に受かったという理由だけでトップに来ているわけではありません。サイトの見やすさや、女性目線で使ってみた時に総合的な安心感が他のサイトに比べて抜けているものがあります ( ´ ▽ ` )


性をサポートしてくれるところや、働く女性の応援求人もわかりやすく扱っていたりとオススメ。


はたらこねっとさんの場合は主婦層などへの取材やオリジナリティ溢れるコンテンツを配信し続けているところで、これが素晴らしいんですよね。やっぱり読み物とか、定期的コンテンツが変わっていると女性としては見ちゃうので(*´Д`*)


そして、慣れ親しんでくるとこのサイトから登録して頑張ってみようかなというやる気に変わるという感覚です。


私もそうですが、シングルマザーの方が現状で働きづらさを感じた時に、前に押してくれる人がいると全然ちがうんですよね。女性向けキャリアカウンセラーさんがいたりと、印象が凄く良かったなと今でも思います。


ただデメリットを感じるとすれば、仕事に偏りはあるんですよね。私も、トラベル系の仕事を与えてもらわなければ他は「う~ん・・」と悩んでいたところでしたので (*´Д`*;;)


好みの職種が多く扱われているサイトの方が、専門分野として力を入れている事がわかるので、もし気になる仕事がはたらこねっとさんで見つかるようならやってみることをオススメします


はたらこねっとをチェック


リクナビNEXT

女性は避けるかもしれないのですが、仕事量に関してはハンパ無いくらいに多く扱われています。結局のところ、リクナビさんみたいな大手には多様な仕事が集まりますね。


なんでもそうですが、大きいところにいけば、取り扱われている商品が多いのと同じ。リクナビさんを見ておけば、なんとなくでも働けそうな仕事が見つかるのはメリットでしょう


大手の転職サイトなので「男性向けかな?」と思わされるのですが、リクナビは働く女子を応援するシステムもしっかりしています。割合的に見ると男性向けではありますが、女性へのサポートのある会社を見つける感覚ですね。


子供さんが小学校くらいに上がっていたら、積極的に登録しておいて損はありません


リクナビNEXTをチェック


派遣Style

なんと派遣styleさんですが、実は私の職場にはここから派遣されてきたシンママさんがいます。シンママさんが使っていたサイトということで話も聞いています( ´ ▽ ` )


伺ったところ「女性が多い職場」とか「土日休み」といったポイントに絞って使えるので、子育てしながらの彼女に響いたとのこと。土日休みで子供との時間を大切にしたい人は多いですからね


私もサイトチェックをしてみたのですが、お時給はかなり良いです。ウチの会社も掲載されているのですが、書かれてある事と業務内容に狂いも無いですし


ぜひ気になる方はチェックされてみることをオススメします。もし近場で良い仕事があれば、まずは応募してみるといいですよ(*´Д`*)


派遣Styleをチェック



トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト