男性と女性の「離婚に対する認識」の格差 ~1度目の転職~

男性と女性の「離婚に対する認識」の格差 ~1度目の転職~

シングルマザーになってからは、短大卒業後に入社していたトラベルサービス会社に復帰しました。産休と育児休暇で休んでいたので復職の席は一応用意されていました。しかし待っていたのは同僚からの離婚女性への冷たい視線です。

 

短大を卒業してからすぐにこの会社に就職したのですが、以前にも離婚されていた同僚はいたのです。それは男性なのですが、2名ほど離婚した事例があります。ただその時は周りから「嫁さんに解放されてお疲れさまw」みたいに受け入れられていたので覚えていました。

 

私としては「離婚して解放される!?」という意味がわからなかったのですが、それでも離婚しても違和感なく働ける場だと思っていたのでそこは安心して復職していたんですね (; ・`д・´)

 

それが女性の場合だと対応が違っていて・・。旧姓に戻った事で「離婚した」という事実が突きつけられやすいんですよね。違う部署の方などは、離婚した事を知らされてないので結婚当時の名前で呼ばれたり。いちいち訂正が面倒でした・・。

 

また根も葉もない噂が立ったりしたのは辛かったです。わざわざ「夫の浮気が原因で別れた」とか説明したりしないじゃないですか。なので私は「結婚後に色々ありました」くらいしか職場では言っていなかったのです。

 

ただそういう雑な対応がまずかったのか、気がつくと「産休・育休を取って子供を産んだのにすぐに離婚した」とか「家事をしない嫁で旦那に呆れられ捨てられた」など陰で言われていてショックでした

 

この会社は、女性が子供を産んで復帰した前例があまり無い職場だったので男尊女卑の風習もありました。女性の離婚や復職がここまで冷たい扱いになる事が悔しくて、しばらくは見返してやろうと頑張って働いていました。

 

妊娠するまでバリバリ働いていた私でしたが、復職してからは立場も変わってしまいました。息子が喘息で体調不良を起こしやすく病院に連れていくため早退を余儀なくされるケースも多々ありました。

 

その影響で戦力として見てもらえずパートシフトに移る事になったり、ボーナスの付きやすいプロジェクトに参加させてもらえなくなりました。月収も12万円くらいに落ち込み、サービス残業などを含めると割に合わない仕事になっていました。

 

会社側としても、子供の事で早退していく女性社員は早く辞めさせたかったのかも (-.-;)

 

男性中心の会社だった事もあり、現状を理解される事が難しいと感じ転職を考えるようになりました。ちょうど、子供の為に買い物に行っていたおもちゃ屋が契約社員の募集をしていたので、この会社に黙って面接を受け受かったため辞める事にしました。

 

転職1回目のおもちゃ屋~年収120万円スタートのシングルマザー~

 

子供は私の母親に実家で面倒を見てもらっていました。父は早くに他界していたので、母1人に負担を掛けさせまいと定時で上がれる契約社員を希望しました。

 

離婚後に相談しにいった役所の方からは「保育園に預ければ良い」という助言をされたのですが、息子の場合は酷い喘息があったり緊急時は医療機関に連れて行く必要があった事がネックになりました

 

託児系サービスは、子供が病気などになると親が迎えに行って、病院に連れて行くという流れがあります。そのため主治医からも「もう少しだけ大きくなってから入園させた方が良い」と言われていたりと、病気がちな息子が心配で入園には踏み切れませんでした。

 

母子家庭だった事や前年度の収入状況から、保育料はほとんど免除されるようでした。しかし息子の病気の事を考えると、預けた事で病院に連れて行くなどの手間暇が出来るリスクが大きかったのです。また何かと「ママ~」と寄ってくるので、そんな息子を手離せなくって・・ (*´-`*)オヤバカ

 

そんな状態なので、私が外で働き母に子供の面倒を見てもらう生活を選びました。私は遅くに生まれた娘なので、すでに母は年金暮らしでしたが、父も他界しており私がある程度の家計を作らねばなりません。しかし、年老いた母に育児すべてを任せるというのも難しいです。

 

そのため、おもちゃ屋は時間に融通を利かせてもらえる契約社員を選びました。時給は700円で、月に約10万円ほど稼いでいました。この頃は「年収120万」で生活しています。

 

子供の生活に必要な物には惜しみなくお金を出しますが、私自身の生活はみすぼらしい物でした。何年も前に購入していたユニクロの服を着回したり、新しい物を買う余裕は当然ありません。

 

化粧も節約するために殆どしなかった時期があるのですが、近所のスーパーで中学時代に好きだった男の子に会った時は死ぬほど悲しかったです。離婚した事はわからなくても、化粧してない25歳女子というのは見た目でわかりますからね (´;ω;`)

関連ページ

シングルマザーと病気がちな息子~1度目の転職に失敗~
最初の転職先であるおもちゃ屋。ここでは息子の体調不良から離職を余儀なくされました。仕事がなくなるけど、愛する息子の身体を優先しました。
貧しいけど在宅ワークなら子供に付き添える~転職2回目~
在宅ワークでウェブサイトのデザインを請け負うようになりました。子供との時間を取れる事が何より助かりましたね。在宅ワークのメリット・デメリットもあわせてお伝えします。
女の敵は女だった!?~3度目の転職はコールセンター~
月収18万になるコールセンターの仕事を始めました。ハローワークのマザーズコーナーで見つけたのですが、職場に入るとママ軍団に圧倒されてあっという間の離職。女の敵は女ですね~。
月収18万で働きやすい携帯ショップが潰れた~転職4回目~
月収18万円の携帯販売の仕事に飛び込んだシングルマザー。4度目の転職で、そろそろ落ち着きたいと思った矢先に店がつぶれる。運が悪いのか・・。
スーパーのレジ打ち業務とシングルマザー~転職5回目~
転職も5回目。スーパーのレジ打ちに挑戦していますが、まさかの転落・・。子供の事や保育園の話を交渉して入社したけれど、想定外の出来事は起こる物ですね。
トラベルツアー企画、立案の営業を男性に混ざって~転職6回目①~
シングルマザーの転職記もラスト。旅行会社への転職を無事に決めました。未経験者よりも経験者を採用する流れに乗っかれました。息子よ!年収○○万円の母がしっかりプロ野球選手に育てるよ!(*^o^*)
トラベルツアー企画と副業で年収350万円!~転職6回目②~
シングルマザーの経験を活かして、本業プラス副業を始めました。副業は離婚した女性の為のシングルマザー相談員。実体験を武器に助言し、本業でのスキルアップにも繋げました。

トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト