シングルマザーと病気がちな息子~1度目の転職に失敗~

シングルマザーと病気がちな息子~1度目の転職はおもちゃ屋~

前の会社を離職してから年収120万の契約社員として、おもちゃ屋さんで働きました

 

おもちゃ屋さんそのものが子供と繋がりのある仕事な影響か、転職してからは特に問題なく働けました。息子の調子が悪くなれば病院に連れて行く事に対して嫌な顔もされません。逆に「急いで行ってあげなさい」と言ってくれる社員さんが多くて助かりました (´∀`*)

 

従業員も子育て真っ只中の女性が多くて、お客さんに商品説明を聞かれて「ウチの子もこれで遊んでいるんですよ~」といったオススメをされている方もいます。おもちゃは下手な営業をするより、実体験で使っているママさんの声を伝えるだけで売上に直結していく面白さがありました

 

私も幼児の子供を抱えている事を話しながら、お客さんとおもちゃ選びができたりとピンポイントでニーズに応えられるやりがいを感じられました。シングルマザーに向いている職種かも。

 

ただ、仕事としては上手く続いていたのですが、ここに来て母が腰を痛めてしまいまして・・。息子がどうしても泣きやまない時は、抱きかかえなければいけなかったので、それが積もり積もって腰の負担になっていたようです。

 

ただ息子も3歳になったのを境に、体力的にもたくましくなり喘息も徐々に回復傾向に。主治医の先生からも、回復の傾向と言われたので、母の腰への負担等を考えると保育園への入所が適切だと思い預ける事になりました

 

幼いお子さんを育てたお母さんには、おもちゃ屋さんは適職になりやすいです。特別な資格よりも、実際にどういったおもちゃを使っているか体験談を持っている事がスキルに変わりやすいのです。

 

保育園からの呼び出しと仕事の両立はキツイ

 

保育園に預けてからしばらくは息子の体調も良かったです。

 

ただ、それでも以前に比べて回復しているというだけで、完璧に喘息の発作が起こらないわけでもないんですよね。小児喘息は治りやすいですが、それまで苦労されている方が多いのも実態としてあるようです。また、発作が起こった際は、母の腰が悪いので私が仕事を抜けていました。

 

しかし仕事を抜けるとしても、そう簡単に抜けるのも気が引けます。ある程度は任された業務を終えてバトンを次の人に渡さないと、中途半端なところがいちばん迷惑になりますので。お給料を頂く以上は責任ある仕事を心がけていました。

 

しかし、こういった責任感がアダとなる時がありました。まさに、仕事を優先している間に問題が起こったのです。

 

ある時、息子の体調不良で保育園から呼ばれました。引き継ぎの為に2時間ほど遅れて保育園に向かったのですが、かなり喘息の発作が悪化していた息子がいます。いつもなら喘息で苦しみながらも「キャッキャ」と動き回る息子がこの時ばかりはぐったり o(T△T=T△T)o

 

その日は掛かりつけの小児科も閉まっていたので、救急病院に行く事になったのですが、その病院の当直医に怒られてしまいました。

 

「子供を放ったらかして仕事など、いくら方親でも母親として失格ですよ」

 

かなりご年配の先生だったのですが、この言葉を聞いた時はショックで何も言えませんでした。シングルマザーとして仕事と子育てを両立させて頑張っている中で、言い分一つ聞いてもらえずあまりにも悲しくなったと言うか・・。もちろん、子供を待たせてしまった事は私の責任ですが。

 

同時に息子が苦しそうに酸素を取り込んでいたり、点滴されている姿を見て「ごめんね」という思いも込み上げてきます。やはり成長と共に喘息の回復はしていても、身体は子供なのだなと痛感 (´;ω;`)

 

息子に申し訳なかったですね。医師から怒られて反発もできず、懺悔の気持ちだけが胸を打ち続けました

 

結局、息子は入院になったのですが、仕事を同時に休まねばならず事情を説明して休暇を貰いました。退院後は働きに出られたのですが、保育園からいつ呼び出しが掛かるか分からない不安の中で働く事にドキドキする日が続き、そのまま離職する事になったのです。

 

1年続けたのですが、年収120万はやはりきつかった。離婚時に分けた少しの財産でしたが、切り崩しながら過ごす時もありましたので・・。

 

小さなお子さんで病気がちな子供さんを抱えていらっしゃる方は、仕事よりも子供を優先すべきだとこの時に思いました。小さな子供は、様態がおかしくても訴える事ができません。早めの措置はどうしても重要なのだと勉強させられました。

 

シングルマザーへの偏見はつらいよ

 

医師から怒られるシングルマザーの女性とは私も何度か出会いました。すべてがそうだとは言いませんが、偏見のあるお医者さんもいるようで、シングルマザーというだけでろくな食べ物を食べさせていないと言われる事もあるのだとか。

 

3食きっちり、健康面に気を配っていても、子供はいつどういった形で体調を崩すかわかりません。たまたま報道などで、シングルマザーが男性に惚れこんで子育てを放置しているなどのニュースがでてきますが例外だと思うんですよね (`皿´ ;)

 

夫婦そろっていても放置される子はいますし、あまり関係性はないと私は考えます。それよりも社会に溢れるシングルマザーの偏見の方が怖いです。「あの家庭はシングルマザーだから」という視線で見る事からは何も生まれませんし理解も進まないのではないでしょうか。

 

仕事も真面目にやろうとすればするほど、子供への負担が掛かるのも今の日本社会の現状だと思います。働くママと子育てママの両立の難しさは、当事者のお母さんたちしかわからないところもありますので。

 

シングルマザー、シングルファザーに限りませんが、病気がちなお子さんを持つ親御さんが安心して働ける社会の構築を願っています

関連ページ

男性と女性の「離婚に対する認識」の格差 ~1度目の転職~
シングルマザーとして1度目の転職。前職に復帰したけれど「離婚している」というだけで女性を偏見の目で見る職場に希望を見出せませんでした。おもちゃ屋に契約社員で入社しました。
貧しいけど在宅ワークなら子供に付き添える~転職2回目~
在宅ワークでウェブサイトのデザインを請け負うようになりました。子供との時間を取れる事が何より助かりましたね。在宅ワークのメリット・デメリットもあわせてお伝えします。
女の敵は女だった!?~3度目の転職はコールセンター~
月収18万になるコールセンターの仕事を始めました。ハローワークのマザーズコーナーで見つけたのですが、職場に入るとママ軍団に圧倒されてあっという間の離職。女の敵は女ですね~。
月収18万で働きやすい携帯ショップが潰れた~転職4回目~
月収18万円の携帯販売の仕事に飛び込んだシングルマザー。4度目の転職で、そろそろ落ち着きたいと思った矢先に店がつぶれる。運が悪いのか・・。
スーパーのレジ打ち業務とシングルマザー~転職5回目~
転職も5回目。スーパーのレジ打ちに挑戦していますが、まさかの転落・・。子供の事や保育園の話を交渉して入社したけれど、想定外の出来事は起こる物ですね。
トラベルツアー企画、立案の営業を男性に混ざって~転職6回目①~
シングルマザーの転職記もラスト。旅行会社への転職を無事に決めました。未経験者よりも経験者を採用する流れに乗っかれました。息子よ!年収○○万円の母がしっかりプロ野球選手に育てるよ!(*^o^*)
トラベルツアー企画と副業で年収350万円!~転職6回目②~
シングルマザーの経験を活かして、本業プラス副業を始めました。副業は離婚した女性の為のシングルマザー相談員。実体験を武器に助言し、本業でのスキルアップにも繋げました。

トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト