月収18万で働きやすい携帯ショップが潰れた~転職4回目~

携帯ショップで年収250万円!シングルマザーが安定から廃業へ~転職4回目~

結局コールセンターを辞めてすぐに仕事を探す事になりました。もうこれで4回目の転職なので、息子の為にも仕事をきっちり決めたいところ。

 

ただ問題が起こりました。短期間で仕事を辞めてきたせいか、ハローワークから紹介されて面接に行くけど次々と落とされるようになったんです。どちらかというと、これまでがトントン拍子で仕事が決まっていたのもあるのですが・・。

 

あまり就職難の実態を感じる事も無く仕事を見つけていた為、それなりに焦りが出てきてしまいました。露骨な会社だと「サツキさんは母子家庭で応援したい気持ちがあるのですが、短期間で辞められるとウチとしても困るんですよね~」と言われたり。

 

もちろん私が短期間で辞めてきたのが悪いのですが・・ (*´-`*)

 

ある会社では「女性は仕事に対する意識が薄いから・・」と言われたり。。確かに私は連続で仕事を辞めてきましたが、男女関係なく仕事への意識が無い人は無いですからね。私が言うのも説得力が無いですが・・。

 

結局、4度目の転職に失敗しまくり。この頃、ハローワークマザーズから面接に行った回数は8回くらい。ぜ~んぶ落とされてしまいまして。

 

ひょっとして、同じような人がいるのではないかと、この頃からシングルマザーの方の就活方法をネットでチェックするようになりました。そこで見つけたのが、シングルマザーブログ。その方はネットで就活されていたお母さんで私とは仕事を探す場所が違っていたわけです。

 

「女の転職@type」に登録!子持ちママに有利なネット就活

 

私はシングルマザーの支援というのは行政が全面的にやっている物だと思ってたんですよ。

 

ハローワークマザーズもそうですが、母子家庭を支援してくれそうな団体=行政ってイメージしかなくて。それがネットを見ていると、意外と色々な民間企業が応援してくれている事に気がつきました (*´∀`人)

 

この頃に見つけたのは「女の転職@type」という女性向けに作られた転職サイトです。

 

女性ってどうしても結婚して家庭に入ったり、子供が生まれて仕事から離脱したりと男性に比べて働く事で不利を受けがちなのですが、そういった悩み系の話などから就活記事まで取り扱ってて。

 

子供を育てながら働く女性の話とか読んでて「うわ~これは共感する~」となるわけです。扱われている求人にも、子供を持つ女性が気になる事が表示されてるんですね。たとえば次のような感じです。職場の特徴を出してくれています。

 

 

「女性の管理職」とか「正社員登用」とか「育児との両立」なんて、仕事を始める前から聞くと仕事より家庭に意識が向いてると思われそうで聞きにくいじゃないですか。それがすでに条件面で提示してくれてるってありがたいわけですよね (´;ω;`)

 

このサイトを見つけてからは、履歴書や職務経歴書の書き方なども参考にしてかなり間違っていた事に気がついて訂正もしました。これまで履歴書にはストレートな事実を書いていたのですが、ちょっとぼかした表現で書いて受かるように意識しました。

 

そこで見つけて転職が決まったのが、ケータイ販売の仕事です。契約社員ではありましたが、月収18万を超えていたり賞与があったり、育児との両立、社会保険完備で文句なしという奴です。賞与をいれたら年収250万円くらい稼げました

 

受かる為に、これまでの転職回数やすぐ辞めた事は履歴書や職務経歴書には書かないという選択も大事です。男性面接官だったのですが、勤務シフトなどの都合には配慮していただける事で契約できて採用を手にします (*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

未婚女性はシングルマザーに優しい~携帯販売員~

 

携帯販売の業界は、女性の仕事と言っても過言では無いほど女性が多いです。だいたいどこに行っても1店舗につき、男性は1人くらいが多いと思います。男性1人に女性複数みたいな。

 

大手の携帯販売ショップというのは、シングルマザーに優しいなと感じました。まずはサービス残業が無い事。仮に残業しても残業代がしっかりつきます。

 

また女性が多いけれど、まだまだ未婚の方も多いので結婚して妊娠すれば、休みも言い出しやすいです。シングルマザーなど子持ちの女性も子供の体調不良で休むというのが言いやすい環境でした

 

既存の子持ちグループの職場に入るよりも、これから子供ができるとかできたばかりというグループの方が圧倒的に休みやすいのは経験から言えます。私は前回の仕事で、既存の子持ちグループから雑に扱われましたがここでは逆に大事にされました。

 

私も若いのですが、さらに若い子から「サツキさん、子供さんの保育園の時間があるから帰っちゃって下さい!」とか普通に言って貰えます。私の勤務した販売店は19時で終わりだったのですが、滑り込みで入ってくるお客さんなどは、子供のいない未婚女性にフォローしてもらってさっさと保育園に行けました。

 

またそういったフォローをしてくれる子たちが結婚して、妊娠したりするので逆にお返しでフォロー出来たり。女性グループでも、既婚率の低い職場は働きやすいのかなとシングルマザーのポジションから思いました

 

シングルマザー年収250万円も儚く終わる

 

収入もアップしやすいと言うか、賞与が年に2回も貰えたんですよ。私はまだ入って1年目だったけれど、それでも嬉しい♪と思える金額は貰えました。ここで年収250万円を稼いだ時は、これでお金の面の不安はだいぶ消えて行くーと思えましたので。

 

頑張れば頑張った分だけお金になるというのは、ちょっと小さい企業では難しいのだと思います。これは携帯など大企業の下で働くから貰えたような物。シングルマザーとして働いてそれなりの金額が欲しいと思うなら大企業に派遣などを通して入ると入社しやすいかもしれません

 

しかしこんな仕事生活も終わりを迎えてしまいます。

 

何を隠そう、この職場は立地的にお客さんが入りにくかったのもあって、前々から売り上げが下がっていたのです。店長は上の人に掛けあって、なんとか粘ったらしいのですが結局は潰れて無くなると言う結果になりました

 

うう・・ごめんよ。ママはせっかく1年も続いたのに、店がつぶれてしまったよ・・と息子に言えず、次の仕事を探すのでした・・・ (*´Д`*;)

 

ネット就活を今回はじめて使いましたが、パソコンで仕事を探せるのは大きいです。子供がいてハローワークまで出るのが大変な方は試しに登録して求人を見てみるだけでも違うと思いますよ。

 

ハローワークとはまた違った求人が見つかるなど、仕事を探す選択肢を広げる事は有利な転職活動を実現させてくれます

関連ページ

男性と女性の「離婚に対する認識」の格差 ~1度目の転職~
シングルマザーとして1度目の転職。前職に復帰したけれど「離婚している」というだけで女性を偏見の目で見る職場に希望を見出せませんでした。おもちゃ屋に契約社員で入社しました。
シングルマザーと病気がちな息子~1度目の転職に失敗~
最初の転職先であるおもちゃ屋。ここでは息子の体調不良から離職を余儀なくされました。仕事がなくなるけど、愛する息子の身体を優先しました。
貧しいけど在宅ワークなら子供に付き添える~転職2回目~
在宅ワークでウェブサイトのデザインを請け負うようになりました。子供との時間を取れる事が何より助かりましたね。在宅ワークのメリット・デメリットもあわせてお伝えします。
女の敵は女だった!?~3度目の転職はコールセンター~
月収18万になるコールセンターの仕事を始めました。ハローワークのマザーズコーナーで見つけたのですが、職場に入るとママ軍団に圧倒されてあっという間の離職。女の敵は女ですね~。
スーパーのレジ打ち業務とシングルマザー~転職5回目~
転職も5回目。スーパーのレジ打ちに挑戦していますが、まさかの転落・・。子供の事や保育園の話を交渉して入社したけれど、想定外の出来事は起こる物ですね。
トラベルツアー企画、立案の営業を男性に混ざって~転職6回目①~
シングルマザーの転職記もラスト。旅行会社への転職を無事に決めました。未経験者よりも経験者を採用する流れに乗っかれました。息子よ!年収○○万円の母がしっかりプロ野球選手に育てるよ!(*^o^*)
トラベルツアー企画と副業で年収350万円!~転職6回目②~
シングルマザーの経験を活かして、本業プラス副業を始めました。副業は離婚した女性の為のシングルマザー相談員。実体験を武器に助言し、本業でのスキルアップにも繋げました。

トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト