働いた給料が保育料に消えるなら、手がかかる間は家で見るべき?

働いた給料が保育料に消えるなら、子供に手がかかる間は家で見るべき?

パートに出ても、子供の保育料に消えるなら一緒にいた方がいいのかな

 

シンママの悩みどころでもあるのですが、せっかく働きに出ても保育料で給料がほとんど取られると「何のために働いてるんだろう・・」という気持ちになりますよね

 

私もこの問題については悩まされていました。子供を保育園に預けてはいるものの、給料から差し引くとほとんど残らなくて(汗)

 

これなら、貯金を切り崩して子供が小さい間だけでも一緒にいた方が良いのかな・・と思うんですよね。でもこの考え方は、目先の利益にだけ焦点を絞った思考なんです。

 

私が保育園に預けてでも働いていた理由と一緒に解説してみますね。

 

シンママは、働いてキャリアを形成していくことが必要

 

私はシングルマザーなのですが、もしこれが夫のいる状態なら働きに出ず子供と一緒の時間を過ごしたと思うんですね。でも、シンママであるがゆえに先の事を考えて働かないといけない。

 

わかりやすい例でいうと、保育園という期間が仮に終わったとしても、そこからシンママは働いて子供を養わないといけない訳です。

 

もし、「保育料が高いから」と保育園に預けないまま3年ほどが過ぎてしまうと、社会的には遅れが出てしまうんですね。保育園の時間はたった3年だけど、社会に置いて行かれる女性としてのキャリアの3年は大きい

 

「子育てしていました」と面接で伝えるのは、社会的なステータスとしてまだまだ認められないのが現状。保育に携わる仕事や、子供と関わる仕事に就くならキャリアとして認められますが悔しいですよね。

 

これが一般的な仕事になると、キャリア面でロスをしてしまうことになるのです。女性としても年齢を重ねて就職するのは不利になりやすい。

 

それにくらべ早めに再就職すれば、子供がいても「若い」というだけで、雇ってもらうチャンスも増えるのでぜひシンママさんは「保育料に消える」という目先の利益にとらわれないよう気をつけて欲しいと思います。

 

子育て中の女性も、社会進出をバックアップしてもらえる!

 

保育園に預けるなどすると、お迎えの時間なども気になるかと思います。私も実際に、この手の悩みで仕事探しに手招いたのでよく分かるんですね。

 

しかし、「女性の仕事」を全面的にバックアップしてくれる会社はいくらでもあります。私も実際に使った求人サイトなどでは、女性の社会進出を後押ししているのでぜひ活用されてみるのも手

 

ちょっと子供が大きくなった時に、そこからまた一緒に母子の絆を深めることができるので今を頑張りましょう♪

 

シングルマザー向け情報として、転職サイトをレビュー♪私が実際に利用したところや、シンママ仲間が使っていたサイトをまとめました。


DODA

いちばん最近利用したところなので私情も重なるのですが。7度目の転職に使ったDODAです。ひと昔前だと男性向けエージェントだったのですが、今は「ウーマンキャリア」といった女性専用コーナーもあり安心


ここで仕事を決めた時は、息子も小4とそれなりに手がかからない状態になったのも大きいですね。助かったのはしっかりコンサルタントさんが、定時上がりの仕事を教えてくれたことです( ´ ▽ ` )


下請けながら大手企業の事務を見つけられてよかったなと。どうしてもシンママはお給料不満が出がちなので、ボーナス込みではあるものの年収300万ギリギリあることには感謝。


ひとつデメリットとして、フルタイム前提が多いので、小学校に上がるなり手のかからないお子さんを持つシンママさんにだけおすすめとなります。


DODAをチェック


はたらこねっと

私が仕事に就くことができたという点なら「はたらこねっと」さんも同じく助けてもらいました。


使ってみると分かるのですが、サイトの見やすさや、女性目線で見る総合的な利用しやすさが他サイトに比べて感じがいい ( ´ ▽ ` )


女性をサポートしてくれるところや、働く女性の応援求人もわかりやすく扱っていたりとオススメ(*´Д`*)


私もそうですが、シングルマザーの方が働きづらさを感じた時に、前へと押してくれる人がいると全然ちがうんですよね。女性向けキャリアカウンセラーさんがいたりと、印象が凄く良かったなと今でも思います。


はたらこねっとをチェック


リクナビNEXT

リクナビは仕事量に関してはハンパ無いくらいに多く扱われています。結局のところ、リクナビさんみたいな大手には多様な仕事が集まりますね。


なんでもそうですが、大きいところにいけば、取り扱われている商品が多いのと同じ。リクナビさんを見ておけば、なんとなくでも働けそうな仕事が見つかるのはメリットでしょう


大手の転職サイトなので「男性向けかな?」と思わされるのですが、リクナビは働く女子の応援システムもしっかりしています。


割合的に見ると男性向けではありますが、女性へのサポートのある会社が見つかるならここもアリでしょう。


デメリットはアドバイザー不在な点。一人でガンガン仕事を探せる女性は使うといいですよ。


リクナビNEXTをチェック


トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト