シングルマザー向け履歴書の書き方Q&A~嘘や詐称はバレる?~

シングルマザー向け履歴書の書き方Q&A~嘘や詐称はダメなの?~

履歴書について書き方をお伝えしておこうと思うのですが、一般的な書き方は他のサイトでも読めますよね。そこで、私のサイトでは出来る限り実体験からくる書き方への悩みを掲載しようと思いました。

 

私は副業として、シングルマザーの方からのお悩み相談も聞いています。そういった中で決まって似たような質問が寄せられている状況があるんですね。たとえば「シングルマザーとしての経緯は履歴書に書くべきか」とか「子供の事で仕事を転々としている事は隠していいか」といったものです。

 

シングルママという境遇が私と同じなだけあって、悩むポイントも似てくるのだと思います。そこで、私の元に寄せられるママさんたちの悩みから厳選して履歴書作成に悩みがちな質問をQ&A方式でまとめる事にしました。履歴書を書く際に、参考にして頂ければ幸いです。

 

履歴書の書き方についてQ&A

 

履歴書は詐称しても大丈夫?バレませんか?

 

この質問はいちばん聞かれており、私も経験があるのでわかるのですが、正直なところ履歴書の経歴詐称はグレーゾーンなんですよね。世間的には「詐称は絶対ダメ!」という事になっていますが、実際に詐称がバレて裁判になる方がレアケース

 

というのも、多かれ少なかれみんな履歴書は自己ブランディングするために良いように書いてますからね(笑)私の転職活動でも言えた事なのですが、都合の悪いところは隠していました。

 

例えばですが、私はコールセンターの仕事を3ヵ月で辞めています。でも、これを正直に書くと「3ヵ月で辞める人」になるわけです。評価は上がる事がありませんし、むしろマイナスの意味で取られる可能性が高いのです。

 

それならいっその事、「コールセンターで働いた事実その物を削除しておこう」と履歴書には書きませんでした。他にも働いた期間が短い仕事は少しくらい伸ばしたりもしました。もちろん絶対にバレない保障もありません。

 

企業側が過去の経歴を前の会社に聞いてみたり、何かしら書類を通して調べれば分かる事もあるでしょう。

 

ただ、そこまでしつこく調べてくるような会社なら気持ち悪くて逆にお断りしたいとも思うのです。言い方は悪いですが、履歴書の内容を調べるような人のいる会社ってどこかおかしいと言いますか。普通の会社なら忙しくてそんな事をする暇も無いんですよね

 

あ、誤解がないように伝えておくと、もちろん隠す事はよく無いですよ! (*゜~゜*;;)ノノ

 

ただシングルマザーを含めた求職者は、「現状をどうにかしよう、お金を稼ごう」と働き口を探すため、少しでもよく見せようとするのが普通の感覚だと言いたいのです。そこに少しくらい嘘を書いたり、事実を詐称したとして何が悪いのだろうという感覚ですね。

 

また雇用の問題に関しては、企業側の方が嘘にまみれていたりするので質が悪い。会社に入る前に見ていたらわかるのですが、企業側の求人票詐称などは酷いですよね。

 

「残業なし」と書いておいて、サービス残業を求めてきますし、正直なところ法的な話になれば会社側も訴えられるケースの方が多いのです。言い訳に聞こえますが正直だけじゃ生きていけないんですから

 

真面目に履歴書を作成されるのがいちばんですが、このようにどちらも大小なりのごまかしはやっているので気にすることなく書けばいいというのが私の転職してきた経験から言える事です。

 

子供がいる事で、採用されにくくなりませんか?

この質問もシングルマザーの方に多く、かなり悩まれているようです。 「子供=ハンデ」という図式がシングルマザー界隈にあるのは理解できます。私も、息子が病気がちだったのでこの手の問題はかなり悩みました。

 

でも、これだけは嘘をつけないところなんですよね。子供を連れていると、急な病気で会社を出る事もあれば、どうしても子供の為にお休みをもらわないといけない日もあるかと思います。気持ちよく子供の為に時間を取れる環境を構築するのも母親の役目なのです

 

「子供がいるからこそ働かなければいけないんです」と言えれば仕事の適性とか以前の問題で、最高のアピールにもなるとさえ思っています。「子供を背負って仕事をすぐに辞めたり、適当には働かないだろう」と言うイメージに繋げて行くのです。

 

私も、「子供の為に頑張らないといけないのでお願いします!」と雇ってもらえるように何度か直談判をしてきました。要はマイナスにならない言い方をすべきなんですよね。ここの言い方を間違えると「子供=ハンデ」と面接官に捉えられるのだと思います。

 

×子供がいるためご迷惑をおかけするかもしれませんが・・

 

○子供がいるからこそ頑張って稼がないといけなんです!

 

こう見ると、言い方ひとつで子供の存在がプラスに変わっている事はお分かり頂けるかと思います。シングルマザーに取って、子供がいるだけで色々と面倒に思われそうな立場も、言い方や交渉手段でどうにでもポジティブに切り替えられる事を忘れないで下さい

 

子育てをずっとしてきて、自分の長所や短所をどうアピールすればいいかわかりません

旦那さんがずっと稼いでいて、シングルマザーになった途端に自分の価値を見失う女性もいます。母親として頑張って来たので、家事や子育てのスキルは溢れているのですが、いざ働く場に活かすと考えた時に何も浮かばなくなるそうです。

 

そういった際には、私の考えですが「誰かにあなたの長所や短所を教えてもらいましょう」と伝えています。簡単に言ってくれるな!と思う方は、リクナビの「グッドポイント診断」で自己診断してみるのもいいでしょう。

 

すごくリクナビさんの診断はよく出来ていて、グッドポイント診断を使えばイエスノー問題で、柔軟性、感受性、親密性など独自のシステムで結果を出してくれます。かなり精度が高いので、プロの心理士さんに見透かされた気持ちになりますが、その見透かされた文章をコピーしてもいいのです

 

長所になるところはコピーで、ちょっと頑張った方が良いところは短所として書けばオッケー。短所についても「今後は改善して行こうと頑張っています」と言えるだけでプラスに聞こえますから。周りの誰かに教えてもらったり、リクナビからコピーしたっていいじゃないですか。長所も短所も、見えないようですぐにわかるところにあるものですよ。

 

グッドポイント診断の自己診断結果は、私もやっているのでどんなものか確認したい方はこちらからどうぞ

 


トップ シングルマザーの6回転職記 シングルママ向け履歴書の作法 厳選おすすめ転職サイト